ホーム>ガラスコーティング>ガラスポリッシュコーティングはプロ業務仕様
ガラスコーティング

ガラスポリッシュコーティングはプロ業務仕様

ガラスポリッシュコーティング

GP コート(ガラスポリッシュコーティング)はイオン結合で持続性バツグンの高品質な仕上がり。
雨の日や夜もスッキリ鮮明な安全視界を保てます。車のフロントガラスは勿論、建造物のガラス・ウインドウ、船舶の操縦室やガラスにもコーティングの強力な効果を発揮します。
GP コート(ガラスポリッシュコーティング)は耐久・耐候性とも抜群で、通常ガラス面で3年以上、ワイパー使用面でも1年以上の性能を持続します。また、自動車の場合、自動車洗浄機(ワックス洗車)が使用できます。

GPコートの仕組み

Gp

機器を使用して研磨します

ガラス表面の油膜や汚れ、結晶化した不純物(ウロコ)を取り除きます。

専用洗剤

専用洗剤で、研磨剤を洗い流し、最後に水洗いして水切りをします。

イオン安定剤

イオン安定剤で表面を処理し、拭きとり(水切り)後、よく乾燥させます。

GPコーティング剤

GPコーティング剤をガラス表面にまんべんなく塗布します。

乾燥

施工面をよく乾燥させます。乾燥待ち時間に、仕上げ剤で、内側ガラスの汚れをきれいにふき取ります。

仕上げ剤

仕上剤で、コーティング剤残渣をきれに拭き取り、作業完了です。

GPコートの特徴と効果

GPコートの特徴と効果

新旧ガラスを選ばない

新品のガラスも古いガラスも、油膜や埃の付きにくく汚れにくいガラスになります。洗浄すれば常に驚くほどクリアーな視界を持ったガラスの状態を保ちます。

長期に有効

オールシーズン・オールタイムで運転者の安全な視界を確保し、長期にわたりその威力を発揮します。

すぐれた撥水効果

研磨により健全化したガラス表面にミクロで強固な透明の鏡面状被膜を形成し、透過する光の屈折を抑えて”ギラツキ”を防ぎ、水滴が表面張力より丸くなることで、結果として撥水します。

耐久性と耐候性

耐久・耐候性とも抜群で通常ガラス面で3年以上、ワイパー使用面でも1年以上の性能を発揮します。また自動車の場合、自動洗車機(ワックス洗車)が使用できます。

施工の流れ

洗浄

ガラス面を水洗いし、表面についている汚れやホコリなどを洗い流します。

保護

施工面以外を、マスキングテープで保護します。

研磨

研磨専用の研磨剤を用いて、ガラスの汚れを研磨作業で除去します。

洗浄

洗浄専用洗剤を仕様し、研磨剤を水洗いで綺麗に落とします。

イオン

イオンガラス表面の水分を拭き取り、専用の安定剤を塗布。その後完全に拭き取ります。

塗布

塗布専用のコーティング液を、ガラス表面にもらなく塗布し、乾燥させます。

拭取

拭取専用の仕上げ剤を使用し、余分なコーティング剤を拭き取り完了です。